7/10(土)に令和3年度第3期生がスタート。講義会場である大手町(fabbit Global Gateway “Otemachi”)で開講式を行いました。

今期も情熱と志の高い個性豊かなメンバー第3期生が集まり、本プログラム監修の熊野神戸大学教授のもと、様々な講師を迎えてタッグを組み、富山県発スタートアップを目指して半年間邁進していきます。

開講式では富山県成長戦略会議委員のレオス・キャピタルワークス株式会社の藤野社長より「地方こそ起業家の楽園」と題し基調講演を行っていただきました。

また、各受講生より自己紹介で各々の思いと情熱をプレゼンテーション。ここでの出会いが「富山の未来において必然の出会い」となるよう、繋がりを大切にし、またこの出会いが次回8/7(土)のチームビルディングに大いに反映されていることを期待します。