MESSAGE

- メッセージ -

知事メッセージ

富山県知事

石井 隆一

富山県では、北陸新幹線の開業に伴い、観光客の増加、企業立地の進展、Uターン率の向上や移住者の増加等の明るい傾向が続き、今や若い世代に「選ばれる県」の一つとなりつつあります。また、本県は、ものづくり県の伝統に育まれた世界水準の優れた技術や研究開発の実績など、数多くの「強み」を有しています。
一方で、少子高齢化に伴い、本格的な人口減少時代を迎えるなか、県内産業の活性化を図るためには、起業家が生まれ、成長できる環境を構築し、移住者を含めた多様な人材による活発な創業を促進することが重要となっています。
このため、県では、県内企業のご協力もいただき、令和元年9月に自治体では全国初となる、本県への移住・創業を希望する首都圏在住の若者を対象とした起業家育成講座「とやまスタートアッププログラム in 東京」を開講しました。
このプログラムには、意欲ある 29 名の若者が参加し、半年間にわたって起業家教育の第一人者である熊野正樹九州大学准教授の熱意あふれる指導による活発な講座が展開され、本県の特徴を活かした斬新で魅力あふれるビジネスプランが発表されました。
本プログラムの実施にあたり、ご協力をいただいた熊野准教授並びに県内企業、関係の皆様に感謝申しあげます。また、受講生の皆様には、鋭い感性や豊かな創造力でプランをぜひ実現させ、本県で大活躍されることを大いに期待しています。

講師メッセージ

神戸大学 産官学連携本部 熊野正樹教授
/富山市出身

熊野 正樹

日本政府は、「スタートアップの育成」と「地方創生」を国家戦略の重要な柱として位置付けています。我が国が目指すべき姿として、「我が国の経済成長の起爆剤」となり、「世界共通の社会課題の解決に貢献」するスタートアップが、自発的・連続的に創出する社会の実現を目指しています。地方創生の観点からも、地域での有望ベンチャーの発掘に可能性を見出しており、地方から世界市場を目指すベンチャーへの期待は非常に高まっています。
一方、地方創生の鍵は、若者の地方への定住であり、そのためには、若者の仕事が地方に必要となってきます。若者の仕事が地方に十分にないのであれば、自ら起業して、地方に魅力ある仕事を創るということもその解決策となります。
このような中で、本県への移住・創業を希望する首都圏在住の若者を対象とした起業家育成講座「とやまスタートアッププログラムin東京」は、全国初となる非常に意義のある取り組みでした。
スタートアップ人材においても、東京一極集中と言われますが、東京が地方出身者の集まりだとするならば、一定数は富山県出身者や富山にゆかりのある方であり、実際にそのような優秀な方が受講され、富山での起業に向けて、大変熱心に、かつ楽しくプログラムが進行いたしました。
多様な受講者によるコミュニティが形成され、富山県や県内企業、ベンチャーキャピタル等の支援企業の協力により、富山県におけるスタートアップエコシステム構築の大きな一歩を踏み出すことができました。この取り組みを一層強化し、富山から日本を、そして、世界を変えるスタートアップが創出されると信じています。